2008年03月30日

青山でライブ

fe367c17.jpg先日青山のブルーノート東京で小曽根真率いるビッグバンドのライブ「No Name Horses" directed by Makoto Ozone」を観に行きました。

小曽根さんの好きな所はその自由さなんスよ。どこまでも伸びやかでポジティブな演奏。ただ、そこが面白味に欠けると感じる人もいるかもしれませんね。私自身若い頃は、小曽根真はテクニック重視で自分の守備範囲ではないと感じていたワケで。でも、違うんだよな〜、と最近気付いたんス。

ところで、ブルーノートといえば「高い!」という印象ですが、この日のミュージックチャージは8400円。近頃は大した持ち歌も無く、まともな演奏だってできない若手ミュージシャンのライブでも6000円以上したりするワケで、それに比べたら全然高くないです。

2ndステージだったのでスタートは9時40分位。仕事帰りで十分間に合う大人の時間に、一流の演奏を間近に楽しみながらワインを飲んだりできるなんてとても贅沢だ。大人でよかった。

************

ところで、最近別のブログを始めました。
このブログやmixiは素人なりに、人に読んでもらう事を強く意識して書いているんですが、新しい方は近頃の私にとって重大関心事である着物についてのブログです。んで、非常にパーソナル且つ狭い内容なので読んで面白いとは思えないのですが、一応ご報告。
  

Posted by mogimami at 16:22Comments(2)TrackBack(0)

2008年02月15日

THE POLICEの日

aefa1b58.JPG13日はTHE POLICEの再結成ライブを観に東京ドームへ。
いや〜、、、夢のような時間でありました。

翌日、ライブの余韻に浸るべく、オリジナルアルバムを年代順にターンテーブルにのせてみる。「ZENYATTA MONDATTA」は状態が酷すぎて、「DON'T STAND SO CLOSE TO ME」なんか針が飛びまくって、何がなにやら・・。

それにしても、何だかたまらない気持ちになりますね。

ポリスに夢中だったのは10代の頃。同じ時代を生きて、んで、「SYNCHRONICITY」で絶頂期を迎えた彼らが活動を停止した84年は私にとって10代最後の年だったワケで。

その後スティングはオマー・ハキム、ダリル・ジョーンズ、ケニー・カークランド、ブランフォード・マルサリス等一流ジャズ・ミュージシャン達とアルバムを作ります。このメンバーでの初ライブとそのリハーサル風景を追った『スティング ブルー・タートルの夢(85年)』は非常に感慨深い映画でして、この映画のラスト、一人きりでステージに立ちギター1本で「MESSAGE IN A BOTTLE」を唄うスティングを観て、私もポリスとの決別を意識したんスよね。

当時スティングは33歳、今にして思えば新しいスタートを切るのには十分の若さでした。

昨夜は演奏のスピードが落とされ、レコードを聴き直してみると如何に巧くアレンジし直されていたかが分かり、スティングはキーを下げて唄っていても高音が少し厳しかったりする。

それでも改めてスティングの声、スチュアートのドラム、アンディのギターという組み合わせが持つ「音」の特別さを思い知らされたス。
まさに、CAN'T STAND LOSING YOU。
そして、SO LONELY・・


因みに、この日は公演を前にアンディ・サマーズのサイン会@六本木TSUTAYAへ。『アンディ・サマーズ自伝 ポリス全調書』(英国BEST MUSIC BOOK OF THE YEAR受賞 らしい)を購入して整理券をゲットしたもの。

アンディは昔から老けヅラだったが(つーか、他のメンバーよか実際歳をとっていたんだよね)、ちょっと太って、いかにもなイギリス親爺でありました。「今夜東京ドームに行きます」と言ったら「グレイト!」と。握手してもらったけど、舞い上がっていたので手の感触が思い出せない〜。

ライブでは65歳のアンディが誰よりもギター小僧化して、ロックしまくってました。

ポリスは終わっていなかった。私もまだまだ終わらないぞ!


  
Posted by mogimami at 10:40Comments(2)TrackBack(0)

2007年09月21日

長い一日

43867d29.jpg昨日はトミー・ゲレロのライブを観に渋谷のDUO Music Exchangeへ。
ゆるいパーティーで音楽に身を任せているような感じのライブでした。彼の音楽を聴いていると、時々泣きたいような気持ちになるのは何故なんだろう。西海岸にも一度行ってみたいな。

んで、ゲレロのギタープレイは、なんつーか、、、ジミー・コナーズのストロークみたいでしたね(謎)

その後、246沿の「庵狐(あんこ)」 三宿店へ。
ここは鶏の刺身が大変美味。その他素材を活かすタイプの料理が概ね美味しくて、焼酎の品揃えが豊富。遅い時間に食事をしたい時にはgoodですが、三宿の交差点近くという立地がちょっと不便かな。

帰宅して2時間程仮眠し、3時半からラグビーW杯の日本×ウェールズ戦
を観戦。結果は18対72と惨敗。2トライってのがオーストラリア戦よりいいじゃん、と見せかけて、実際はなかりリアルにHEAVYに凹む試合で、どっと疲れたス。

前半10分位にターンオーバー後のキックがちゃんとタッチを割れず、逆にトライを許した時点で滅茶苦茶イヤな予感がしたんだけどさぁ・・。

気付けば夜が明けていた。

次は最終戦で9月25日(火)24:30〜対カナダ戦。
  
Posted by mogimami at 22:35Comments(0)TrackBack(0)

2007年08月14日

夏休み

174a8ce0.jpg1日目
京都の鴨川にて川床(かわゆか)を楽しむ。貴船の川床(かわどこ)で感じる水と緑の神秘性も素晴らしいけど、鴨川の煌びやかな遊び感覚も酔わせる。素晴らしきかな夏の京都。

2日目
阪神甲子園球場にて高校野球観戦。
日本人にとっての「野球」スピリッツの原点を再確認。
スタンドからみる六甲山の美しさよ。
長袖で観戦するも真っ黒に日焼けしてしまった・・バカバカ。

3日目
阪急宝塚線「川西能勢口」からクルマで20分程のケアホームにいる祖母に会いに行く。泣くほど喜んでくれた。行ってよかった。夜帰京。

4日目
サマソニ参戦。
今年はマリンステージにUKアーティストが集まっていたので、殆どをマリンで過ごす。
T.B.A→THE FRATELLIS→BLOCK PARTY→
MANIC STREET PREACHERS→KASABIAN→THE OFFSPRING

ベストアクトはKASABIAN。今年1月にもZEPP東京で観たわけだが、ハコのサイズがこれだけ変わっても興奮は変わらず。ライブバンドとしての実力は疑う余地なし!

以外と良かったのがT.B.AとBLOCK PARTY。終わってたのがMANIC STREET PREACHERS。ショボ過ぎて即退場したのがPET SHOP BOYS、単調なパンクに飽きたのがTHE OFFSPRING。

遊び過ぎた・・・。今週は必死で仕事中。
  
Posted by mogimami at 16:22Comments(0)TrackBack(0)

2007年01月19日

知らなかった・・

7110ee58.jpgマイケル・ブレッカーが13日、白血病のため亡くなりました。57歳。

パット・メセニー、ハービー・ハンコック、ジャック・デジョネット、ブラッド・メルドー等が参加した遺作(3月下旬発売予定)は、2週間前に完成したばかりだったとか。

マイケル・ブレッカーは親日家で度々来日していたらしいけど、私自身は随分昔にハービー・ハンコックのカルテット(&ロン・カーター、トニー・ウィリアムス)で来日したサントリー・ホールでの公演を観たのが最初で最後でした。

トニー・ウィリアムスも亡くなったしなぁ。気になる人のライブってのは行っておくべきスね、一生に一度の機会かもしれないし。やっぱり5月のキース・ジャレット公演行こう。

ご冥福をお祈りします。
  
Posted by mogimami at 17:48Comments(0)TrackBack(0)

2007年01月15日

カサビアン@Zepp東京で汗だくの夜

a47fbc33.jpg昨日は英国レスターのバンドカサビアンのライブへ。

例によって、押し寄せてくる若者達から必死でテリトリーを守りながら楽しんだスよ。また行きたい〜。

最新アルバム「エンパイア」をCDで聴いた時は少し軽くて単調な気がしたんだけど(我が家のしょぼいオーディオシステムの影響が多分にあるとか、ないとか)、ライブはダークでドラマチックでした。
サウンド的にプライマルと比較されるようですが、個人的にはシャーラタンズとかマーク・E・スミス率いるザ・フォール(え?違います?)などが脳裏をよぎったス。つまり、この人達はいわゆる「マンチェスター・サウンド」の発展系なんだな、と。

その辺のサウンドが好きな人には抗えない要素が色々詰まっているバンドです。新作のタイトル曲「エンパイア」のサビの部分とかさ、好きに決まってるでしょ?!

「フォ××ン2週間のジャパンツアーをやったけど、フォ××ン東京が一番素晴らしかったよ! 次はフォ××ンサマーソニックで会おうぜ!」
みたいな、、、そんなガラ悪さがまたフォ××ンたまらんゾ!アイッ!?
  
Posted by mogimami at 18:55Comments(0)TrackBack(0)

2006年09月21日

プライマル・スクリーム@ZEPP東京で「ゆりかもめ」初体験の夜

5c239f32.jpg昨日はグラスゴーのバンド、プライマル・スクリームのライブへ。

ボビー・ギレスピーのロッキンな面構えはどぉよ?カッチョエエっす!
スローな曲で休んだりする事もなく、最後まで全力で駆け抜けるロックなライブでした。

実は私プライマルに関してはちょいと勉強不足でして、前半はわりと穏やかに楽しんでいたのですが、「KOWALSKI」あたりからワケが分からなくなりまして、気が付けば汗だくで飛び跳ねて誰かの足を踏みまくっておりやした。

「KOWALSKI」とは、そう、あの警察に追われながらダッジ・チャレンジャーで疾走する運び屋コワルスキーと盲目のDJスーパー・ソウルのアナーキーなカルト映画『バニシング・ポイント(71)』(監督:リチャード・C・サラフィアン )にインスパイアされてつくったアルバム、その名も『バニシング・ポイント』からの曲です。

最新作はほとんどストーンズなサウンドだけど、どうも私の中ではプライマルってエレクトリック・サウンドのイメージがあったので、大ヒット曲「Rocks」http://www.youtube.com/watch?v=1yccXWW4jQIの事を演奏されるまで忘れていました。

ライブには予習復習が重要ッス。


  
Posted by mogimami at 10:04Comments(0)TrackBack(0)

2006年08月13日

OVER40のサマソニ06レポート

04cac81a.jpg昨日は去年に引き続き私にとってはこの夏唯一にして最大のイベント「サマーソニック」参戦の為幕張へ。

到着後まずビーチの野外ステージに直行、ジャパニーズ・レゲエバンドが演奏するレニー・クラヴィッツのカバーなど聞きつつビールを速攻2杯引っかける。しかしハイネケンって飲みごたえないね。

その後幕張メッセ会場に移動して最初に見たのが「THE RAPTURE」。こりゃまんまハッピーマンデーズじゃねーかw

つぎに全く好みじゃないピアノマン「DANIEL POWTER」を3曲ほど聴いた後「WORLD'S END SUPERNOVA」が好きだった「くるり」のステージを見る。くるりってXTC入ってるよね。時間的に重なっていたので「SCRITTI POLITTI」は最後の一曲しか見られなかったけど、相変わらずのタイムスリップなサウンドでしたよ。

そして私にとっては本日の目玉、マッド・チェスターの生き残りバンド「THE CHARLATANS」へ。
やっぱりどうしようもなく好きなんだよ、この手の音が!と暴れまわる若者達に揉まれつつステージ近くで年甲斐もなく飛び跳ねながらキャーキャー騒ぎました。「ONE TO ANOTHER」とか「HOW HIGH」とか懐かしいよ〜(泪)

ラストはソニーVAIOのCMソングでお馴染み「ワン・モア・タイム」が大ヒットしたフランス人2人組「DAFT PUNK」。既に41才の体力には過酷過ぎる運動を課したふくらはぎはパンパンで、立ちっぱなしによる腰の痛みは限界に達しているにも関わらず踊らずにはいられないのが彼らのようなエレクトロ・ダンスサウンドなのだ。いやはや盛り上がりました。

シャーラタンズのような丁寧にコツコツと人を説得する音楽と違って彼らの音楽はその過程をすっ飛ばして直接的に脳の「キモチイイ神経」を刺激するんですね。シャーラタンズが恋愛ならダフト・パンクはセックスかも。

ライブが終わった時は既に11時近く。楽しすぎ。
あ〜あ、今日はLINKIN PARKと
MASIVE ATTACKが出るんだよなぁ。行きてぇ〜!!  
Posted by mogimami at 14:14Comments(4)TrackBack(0)

2006年01月11日

速報!!

c515245c.jpgさっきJ-WAVEで言ってたんだけど、
U2の来日が決まったらしいっスよ〜!!4月?よく聞こえなかったので詳細はまた。

8年ぶりだって。あれから8年かぁ。
あの時ゃ確か前座が元クラッシュのミック・ジョーンズ率いる「B.A.D.」で、誰も聴いていないし何故か客電も消えないし、クラッシュ世代としては切なくて涙ちょちょ切れました。
更にその前、B.B.キングをゲストに来日した時は演奏ダレダレのヒドイステージでU2って信用できない奴らと思ったけど、はてさて今回は如何に。
楽しみだな〜。

  
Posted by mogimami at 05:28Comments(13)TrackBack(0)

2005年12月08日

ささやかなシアワセ

050ce300.jpg今日R.E.M.のファンクラブからエアメイルが届きました。
中身は来年のミニカレンダー+カード+2曲入りDVD(TURN YOU INSIDE_OUT/THE GREAT BEYONDのライブ映像@BELGIUM JULY 3,2005)

いや、話しはこれだけなんですけど。
でもでも、ちょっと嬉しかったので誰かに言いたかったワケでして。

誰かのファンクラブ会員になった事はありますか?
以前クイーンのワールド・ファンクラブに入っていた友人がいたんだけど、彼女はフランスだイタリアだと持ち回りで定期的に行われる全世界規模のオフ会に行ったりしてました。スゴイっす。

因みに私がこれまで会員になった事があるファンクラブは佐野元春とテニスプレイヤーのジョン・マッケンロー。 微妙・・。

  
Posted by mogimami at 16:45Comments(15)TrackBack(0)