2009年01月23日

忘れ去られたブログを思い出したように更新してみる

『アンダーカヴァー』監督: ジェームズ・グレイ
出演: ホアキン・フェニックス/マーク・ウォールバーグ/エヴァ・メンデス/ロバート・デュヴァル

88年のニューヨークを舞台に、警察幹部の父、エリート警官の兄、裏社会に生きる弟という家族を巻き込んだ、警察とロシアンマフィアの闘いを描いた物語。

久しぶりに手放しで「素晴らしい!」と思った映画でした。
色々なところに書かれているけど、観ていて『ゴッドファーザー』を思い出させる感じ。ロバート・デュヴァルだし。

親子や兄弟、裏切り、などの要素を多く含んでいるにも関わらず嫌らしいセンチメンタリズムに陥らない、もっと覚悟のある映画で、お話の部分で見せると同時にこの手の映画にはもっとも重要なカーチェイスや銃撃シーンは古き良き70年代の犯罪映画的重量感があって且つ古臭くない。

舞台となった88年と言えばちょうど私が初めてニューヨークに行った年です。日本から見たニューヨークは、磯崎新設計の「パラディウム」や教会を改装した「ライムライト」などゴージャスなディスコの時代。ブレット・イーストン エリス(小説の舞台はLAだけど)やJ.マキナニーなど「あらかじめ失われた世代」の時代、コカインの時代。あの頃なのかと思うと、なんだか感慨深い。

東京地区での公開は残念ながら本日まで(歌舞伎町ミラノ)。「ゴッドファーザー」的男の映画が好きでたまらない人は必見。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/51169301