2008年03月30日

青山でライブ

fe367c17.jpg先日青山のブルーノート東京で小曽根真率いるビッグバンドのライブ「No Name Horses" directed by Makoto Ozone」を観に行きました。

小曽根さんの好きな所はその自由さなんスよ。どこまでも伸びやかでポジティブな演奏。ただ、そこが面白味に欠けると感じる人もいるかもしれませんね。私自身若い頃は、小曽根真はテクニック重視で自分の守備範囲ではないと感じていたワケで。でも、違うんだよな〜、と最近気付いたんス。

ところで、ブルーノートといえば「高い!」という印象ですが、この日のミュージックチャージは8400円。近頃は大した持ち歌も無く、まともな演奏だってできない若手ミュージシャンのライブでも6000円以上したりするワケで、それに比べたら全然高くないです。

2ndステージだったのでスタートは9時40分位。仕事帰りで十分間に合う大人の時間に、一流の演奏を間近に楽しみながらワインを飲んだりできるなんてとても贅沢だ。大人でよかった。

************

ところで、最近別のブログを始めました。
このブログやmixiは素人なりに、人に読んでもらう事を強く意識して書いているんですが、新しい方は近頃の私にとって重大関心事である着物についてのブログです。んで、非常にパーソナル且つ狭い内容なので読んで面白いとは思えないのですが、一応ご報告。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/51026489
この記事へのコメント
初めまして。うらら、と申します。No Name Horsesの別の日の公演に、2回行きました。(ブログにレポートを書いてます)。素晴らしかったですね。そして、日によっていろいろ違いあるのが、また、逆に良いですねー、ジャズらしくて。

書き込ませて頂いたのは、ほかでもない。ジャズ以外に歌舞伎も好き、という共通項に嬉しくなったからです。吉右衛門、大好きです!

おっしゃる通り、大人の時間にやっているところが、ジャズライブのいいところですね。またライブに行かれたら、教えてください。(^^)/
Posted by うらら at 2008年04月03日 13:15
うらら様
はじめまして。コメントありがとうございます。嬉しいです。

小曽根さんの音楽は幸福感があって素敵ですよね。うらら様のブログも拝見しました。サックスを演奏されるのですね!

それから、私も吉右衛門は大好きです(鬼平犯科帳フリーク、笑)。あの方の舞台は色気があって、且つ、何か底知れない暗さも感じられて惹き込まれます。

一番の贔屓は仁左衛門でして、今月も夜の部に仁左さまの弁慶を観に行って来ます!

大した事は書いておりませんが、良かったらまた覗きに来てくださいね。うらら様のライブ報告も拝見させて頂きます!
Posted by 黒猫クロマティ at 2008年04月03日 15:58