2008年01月18日

一月の歌舞伎

eb9fc81f.jpg昨日は『壽 初春大歌舞伎』を観賞するべく歌舞伎座へ。さすがに初春らしく、(演目も含めて)歌舞伎座中が華やかなおめでたムードでワクワクします。私もちょいと気合いを入れ、明るい色の付下げなど着てみました。

さて演目は
一、鶴寿千歳(かくじゅせんざい)
二、連獅子(れんじし)
三、助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)

江戸文化究極の「粋」を表現した『助六』を、団十郎はハードにガチっと演じきりました。大げさな心理描写とかそういう女々しい事など軽々と乗り越え、繰り出される計算しつくされた美しい「型」の連続にウットリ。素晴らしいです。

あとですね、助六を観るといつも気になること。それは、強調され続ける、あの、股間であります。

常に必要以上に大股開きの出血大サービスで我々を悩殺しまくるあの赤い褌(ふんどし)。黒羽二重の紋付に博多帯というモノ・トーンを基調としたファッションに真っ赤な下着という色気が堪えられません。

因みに、あの四角いピラピラは褌ではなく「下がり」と言うやつで、舞台では形をきれいにするために下方の両端に五円玉などを入れ、上に上がらないようにしてあるんだと。

時代劇の立ち回りでも、股のあいだでヒラヒラする「下がり(白だよね、普通は)」にはなんとも言えない色気を感じます。「セクハラ」とか言うヤツは時代劇を観なくてもよろしい。パンツをはいたお侍なんて、想像するだに興ざめですよね。

※写真下はフンドシ王子(?)、阪東妻三郎の『雄呂血』

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/50987294