2007年01月15日

カサビアン@Zepp東京で汗だくの夜

a47fbc33.jpg昨日は英国レスターのバンドカサビアンのライブへ。

例によって、押し寄せてくる若者達から必死でテリトリーを守りながら楽しんだスよ。また行きたい〜。

最新アルバム「エンパイア」をCDで聴いた時は少し軽くて単調な気がしたんだけど(我が家のしょぼいオーディオシステムの影響が多分にあるとか、ないとか)、ライブはダークでドラマチックでした。
サウンド的にプライマルと比較されるようですが、個人的にはシャーラタンズとかマーク・E・スミス率いるザ・フォール(え?違います?)などが脳裏をよぎったス。つまり、この人達はいわゆる「マンチェスター・サウンド」の発展系なんだな、と。

その辺のサウンドが好きな人には抗えない要素が色々詰まっているバンドです。新作のタイトル曲「エンパイア」のサビの部分とかさ、好きに決まってるでしょ?!

「フォ××ン2週間のジャパンツアーをやったけど、フォ××ン東京が一番素晴らしかったよ! 次はフォ××ンサマーソニックで会おうぜ!」
みたいな、、、そんなガラ悪さがまたフォ××ンたまらんゾ!アイッ!?


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/50740438