2006年10月19日

『ブラック・ダリア』観ました

8113578f.jpg『ブラック・ダリア』(監督:ブライアン・デ・パルマ、出演:ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン)

内容と切り離して純粋に映像だけを見るなら、とても良いです。ハリウッド大作映画にふさわしい、久しぶりに気持ちよく観ることができる映画らしい映画でした。

次ぎに物語ですが、これはいけません。
ラスト数十分に無理矢理オチを詰め込んでいるので、伏線を自動的に拾って変換する癖がついているミステリーファンでなければ、何のことやらサッパリわからんと思われます。実に潔くない!!

デ・パルマはリンチではないのだから、ミステリーの部分を単純に雰囲気たっぷりに見せりゃいいんスよ。『L.A.コンフィデンシャル』のカーティス・ハンソンみたいにさ。実際そう言う映画になると思ってたんだけど。

原作のジェイムズ・エルロイのファンとしての感想は「やっぱりね(ニヤリ)」。
エルロイの描く熱にうなされているような情念やらむきだしの憎悪やら歪んだ欲望と、覗き込んでしまったら引きずりこまれる深い真っ暗な闇をデ・パルマが表現できるとは思えない。実際、「登場人物達がブラック・ダリアに取り憑かれた」部分を描けなかったので、「なんで『ブラック・ダリア』なの?」って事になっちゃったんだよなぁ。そこんところを割り切って撮ればもっと楽しい映画になったのに、惜しい・・。

因みに私がこの映画で一番ステキだと思ったのは、レズビアン・クラブでの「Love for Sale」byコール・ポーターをバックにしたショウ。何故かね。

ところで、スカーレット・ヨハンソンってどおよ?
あの小娘にこの役はムリ。洋画でこれだけ幼稚な演技を観るのもめずらしい。雰囲気出てたのは、ダイニングテーブルの上でファックされてる時だけでした。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/50663116