2006年09月06日

『散歩する霊柩車』『おんな極悪帖』

『散歩する霊柩車(64)』
(監督:佐藤肇/出演:西村晃、春川ますみ、渥美清)

冴えないタクシー運転手(西村)がグラマーでお色気ムンムン妻(春川)の浮気相手に強請をかける話し。
誰が金を手に入れて逃げ切るのか?勝ち抜きだまし合戦的スリラー・コメディ。おかしいんだけど、どこか薄気味悪い。西村晃ってこう言うヌメヌメした役が似合うよなぁ。渥美清は悪人系やってる時の方がいい。

『おんな極悪帖(70)』(監督:池広一夫/主演:安田道代、田村正和、小山明子)
岡場所から大名の側室に成り上がったお銀が、更なる野望を抱えて正室を殺害するべく、いろんな人間を非情に踏みつけてゆく話し。
正直これはイマイチ。「極悪」って程でもなかったし。

どちらの映画も強欲な人達だらけなんだけど、こういう人種には畏敬の念を感じるス(嫌味じゃなく、マジメに)。自分にはこんなエネルギーはない。スゲー!みたいな。

さて、次は『獣人雪男』(写真)『不知火検校』を観に行く予定ッス。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/50620971