2005年09月16日

星に願いも金次第

dbd15d88.jpg家電量販店の新聞折り込み広告を見てその存在を知りました。

「家庭用星空投影機『ホームスター』」
約1万個の星数とリアルな星空を実現。世界初の光学式家庭用プラネタリウム。
メーカー希望小売価格20,790円(税込み)

共同開発者が「世界で最も先進的なプラネタリウム」としてギネスの認定を受けた、違いの分かる男・大平貴之氏って事はそれなりのモノなんでしょう。

コレってもしかして有名なの?ちょっと欲しい。てか、結構マジで欲しいです。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/50086186
この記事へのコメント
黒猫さん♪
これ欲しいですね〜。部屋で星を見ながら少しワインでも飲んだりしたら、すごくいいかも〜♪
違いの分かる男・大平貴之氏のプロフィール見たら「好きなアーティストはヴァンゲリス」って書いてありました。やっぱりね!(笑)
Posted by ルナ☆ at 2005年09月16日 16:12
>ルナ☆さん
欲しいですよね!意外と手頃な値段だし。
東京の空では星3つ(マチャアキ?)くらいしか
見えませんからねぇ。
天の川って何処に行けば見られるんでしょう?

>「好きなアーティストはヴァンゲリス」
>やっぱりね!(笑)
ですね(笑)
そして、好きなモノ・・・・消化器?

Posted by 黒猫クロマティ at 2005年09月16日 18:51
このR2-D2欲しー!!!!!
Posted by モチキチ at 2005年09月16日 21:26
あと「前世:タンポポ」っていうのも・・・?(笑)

天の川すっっごく見たいです♪
子供の頃、八ヶ岳とか上高地とかで見ましたけど、もううっすらとした記憶しかないから、ぜひまた見たいです〜。やっぱり空気の澄んだ高原とか山で、月の光も無いほど真っ暗なところがいいみたいですね。・・・なんて話してたら旅行したくなってしまいました。
Posted by ルナ☆ at 2005年09月17日 02:21
>モチキチ師匠
R2-D2!ナルホド〜!
じゃ、やっぱり「助けてオビ・ワン・ケノービ。あなただけが頼りです(地上波・吹き替え)」ってソフトも入っているに違いないッス。

私はこのフォルム、昔NHKでやっていた少年ドラマシリーズ「続・タイムトラベラー」に出てくる「インド人のラジオ」を思い出すんですけど(古すぎ)。

そう言えば師匠、いよいよ秋競馬が近づいてきやしたね。神戸新聞杯でディープインパクトを見るのが楽しみです。

>ルナ☆さん
私が天の川を見たと記憶しているのは1度だけで、海岸だったと思うんですけど、今となってはおぼろげ。果たして本当に見たのか?それとも想像なのか分からなくなってるんです(泪)
死ぬまでにもう一度見たいよ〜!

Posted by 黒猫クロマティ at 2005年09月17日 10:58
こんばんは〜!
マイほしいものリストの上位にいるのがこれです〜。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00030GQ50/250-7578347-2654669
お手ごろ価格で携帯宇宙!
この間の帰り道、珍しく天の川見えました〜。星座の季節は冬ですね。
Posted by ジマイマ at 2005年09月21日 23:15
>ジマイマさん
うぉー!コレが星座盤?おしゃれっす。サスガおフランス。
そちらでは天の川見ちゃうんですか?スゲーうらやましいです。
東京では星座盤を使うまでもなく。
全然星が見えなくて寂しいです。

全然関係ないんだけど、タンタンの実写版映画を
スピルバーグが撮ることが決まってるらしいッスよ。
タンタンがアメリカ人に汚される〜!

Posted by 黒猫クロマティ at 2005年09月22日 11:13
どもども宝月です!

これって、とってもろまんちっくなんですけど
投影するお部屋を考えますよね。
おうちの天井がプラネタリウムってことでしょ。
6畳ぢゃさみしいよね。せめて10畳だな。
天井からぶら下がってるホコリなんかあった日にゃぁ・・・
いえいえ、夢のないこといっちゃいけんね。

天井からぶら下がってるホコリも、この装置さえあれば
キラキラ満天の星空に輝くスターダスト♪
うーん、ステキだ・・・・・・?
Posted by 宝月 at 2005年09月30日 00:19
>宝月っちゃん
天井の広さもさる事ながら、低さも気になる所だよね。
あと、日本家屋丸出しの木目とかはどうなのよ。
多分かなり真っ暗にしないとキレイに見えないと思う。
東京は夜でも明るいからなぁ。

そういやあ昔、天井に蛍光塗料のついた小さな星のシールを
いっぱい貼って星空気分を出すという
涙ぐましい努力をしていたヤツとかいたなぁ。

Posted by 黒猫クロマティ at 2005年09月30日 10:31