2005年08月11日

ひまわり 夕立 せみの声ー夏休み

4d106778.jpg麦わら帽子は もう消えた
たんぼの蛙は もう消えた
それでも待ってる 夏休み
(作詞・作曲・歌 吉田拓郎)

今日からお盆休みと言う方も多いのでは?夏休み。いい響きだな〜。何故だか甘酸っぱいのは子供の頃の記憶が甦るからでしょうか。

そんなそのものズバリを歌った冒頭『夏休み』は1972年にリリースされた吉田拓郎のアルバム『元気です』に収録されています。

『元気です』を初めて聞いたのは私が中学生の頃。後追い世代の私には拓郎って言うと『落陽』とか『人間なんて』とか、或いはストレートに世の中を批判したデビュー曲『イメージの詩』などの印象があって、『元気です』は当時「地味なアルバム」という位置づけだったのです。

けど、大人になってから改めて聞いたら、こんなに素晴らしいアルバムだったのかとショックを受けました。地味なんじゃなくてタイトなんですよね。ムダがない。アルバム全体が完璧にひとつの世界を形作っているんです。

参加ミュージシャンも石川鷹彦、松任谷正隆、林立夫、後藤次利、等ガチッと固めてて、特に石川鷹彦のギターはサイコーです。
『リンゴ』での石川鷹彦と拓郎のギターが奏でるハードなリズムなんか凄いっすよ。

そう言えば今年拓郎とかぐや姫で「つま恋ライブ」の再現を行うってニュースを聞きました。「つま恋ライブ」とは1975年につま恋多目的広場に5万人を集めて行われた伝説のオールナイトコンサートなのです。これでラストに延々と歌われる『人間なんて』はタマラン!

ジャック・ジョンソンだ、コールドプレイだと言っていても、所詮は吉田拓郎かよ。お里がしれるとはこの事ッスね。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/30085629
この記事へのコメント
多分、生まれて初めて見たライヴは
吉田拓郎「元気です」at仙台電力ホールだとおもう。
昔過ぎてあんまり覚えてないけど、MCが多いのが当時の流行でした。
Posted by 則猫 at 2005年08月11日 19:46
「元気です」at仙台電力ホールかぁ。うらやまし〜。
私がはじめて見たライブは、、、、う〜ん、、、言いにくいが、実はアリス@越谷市民会館だ!もちろんMCは多かった。つか、あの頃はそれもウリだったんだよね。深夜放送世代だし。

驚いたのは、家帰って夕刊見たら、つま恋コンサートDVDの宣伝が大々的に出ていた事っすね。買うぞー!

Posted by 黒猫クロマティ at 2005年08月12日 00:21
広告、見た見た。タイムリーでオドロイタ!
黒猫さん、FOR LIFEの回し者かと思ったよ。
つま恋、憧れだったなー。
さすがの私もがきんちょで行けなかったよ。
Posted by 則猫 at 2005年08月12日 00:43
あの広告見て思わずI谷さんにメールしたら、「絶対買います。現場にいたし」だって。さすが・・・
Posted by 黒猫クロマティ at 2005年08月12日 00:58
現場って、さすがです。
久しぶりに会いたいね。>i谷さん
Posted by 則猫 at 2005年08月12日 12:14
>則猫さん
>久しぶりに会いたいね。>i谷さん
そうなのよね〜。積もる話しも色々あるし。

つま恋のDVD買ったら見にくる?
一緒に肩組んで歌おうよ(笑)

Posted by 黒猫クロマティ at 2005年08月12日 13:17
フォークギター(カポ付)持っててもいいすか?
Posted by 則猫 at 2005年08月12日 16:48
いいよ、ヤマハ?
私はモーリス。赤いチェックのソフトケース入り。
Posted by 黒猫クロマティ at 2005年08月12日 17:10