2005年06月24日

Da Ya Think I'm Sexy?

c112d57d.jpg先日行った近所の焼肉屋で、久しぶりに聴きました。ロッド・スチュワートの『セイリング』。ええ曲や〜。

実は私が洋楽ファンとしての本格的な第一歩を踏み出すきっかけとなったのは、かのヒット曲『アイム・セクシー』が収録された『スーパー・スターはブロンドがお好き(Blondes Have More Fun)』だったってのは、あまり他人に言っていない。

ロッド・スチュワートって日本ではすっかり忘れ去られていますよね。洋楽ファン同士話していても話題になる事も全然ないし。なんでかなーって考えると、位置づけが難しいのかな、と。コアなロックファンには芸能人臭い。そうじゃない人には馴染みがない。

彼の声量あるしゃがれ声には今もゾクゾクします。ロックをやるために生まれて来たとしか思えない。フェイセズ時代の『ファースト・ステップ』なんか1曲目から煙草や革ジャンやアルコールなんかの饐えた臭いが染みついた、ロック・バーかライブハウスにでもいるような気分になる大好きなアルバム。

それからロッドがソロでも活動しだした初期のアルバムで、名曲『マギー・メイ』を収録した『ガソリン・アレイ』や『セイリング』『もう話したくない』が入った『アトランティック・クロッシング』等、もうちょっと見直されてもいいのにな〜と、焼き肉食べながら思った初夏の夜でした。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/26208626
この記事へのコメント
あぁー!以前、葬式に流したい曲って話題があったでしょ?
宝月は“セイリング”だなーって思ってたっすよ。
でもおっしゃるとーり、なんかベタかな、なんかあの芸人臭い感じというか、
オサレな黒猫おねいさんにバカにされちゃうかも、って勇気がでなかった・・・

んで“セイリング”のメロディは哀しすぎなくていいかなと思ってたけど、
歌詞としてはホントにあの世へ旅立つヘビィな内容なんですね。

ロッドはめちゃくちゃファンだったという訳じゃないけど、兄が持ってたレコードをこっそり引っ張り出して、
♪えーびばでにーどみ、たーっちごなせーくし、かーもしゅなれっちゅのーぉー!”
(いかん記憶の中でめちゃくちゃになっとる)
声をはりあげて唄っておりましたよ。彼の歌詞は子どもでも唄いやすかった。
たぶん歌詞の意味は親赤面18禁なんだよね。
Posted by 宝月 at 2005年06月24日 16:30
「セイリング」って「スコットランドの第2の国歌」とまで言われているらしいよね。リーバイスのCMを思い出したりもするんだけど、やっぱり名曲だと思うッス。葬式に。確かにグッド!

「アイムセクシー」はあのディスコ調に時代を感じる。確かに私も宝月ちゃんみたく平仮名な感じで歌ってました(笑。今でも歌えます。若い頃覚えた歌詞って忘れないもんだ。

ロッドは「ホットレッグス」って歌もあるけど、これもかなりエッチっつーか、その題名からして・・・

イカン!かーすけさんが釣れちゃう!(笑
カルアルさんに逃げられちゃう!(笑
Posted by 黒猫クロマティ at 2005年06月24日 17:32
ブラジル音楽ファンに言わすと、「アイムセクシー」はジョルジ・ベンの『タジ・マハール』のモロパクリなんですよね。裁判沙汰になってますから(笑)

『アトランティック・クロッシング』は持ってないですけど名盤ですね!コレには文句ないっすよ!!
Posted by カルアル at 2005年06月24日 19:21
ロッド・スチュワートって、日本じゃ「すっかり忘れさられて」いるんですか・・・? そうかぁ〜

ロッドで思い出すのは、アレックス・コックスの映画『シド・アンド・ナンシー』のなかでシド・ヴィシャスがロッドを再三コキおろして、遂には、彼が乗っている(?)車に向かってケツを出し

Kiss My Ass!!

と決めていたこと。妙に「そうかぁ…」と納得(?)させられたものでした。確かに「セイリング」って、どこか「マイ・ウェイ」に通じるよな・・・と思ってましたから。
すみません、まだ“青い”頃の恥ずかしい想い出です。宝月さん、ファンの皆様、怒らないでください〜

いつかお会いできたアカツキには、カラオケで歌えるよう練習しときます・・・
Posted by やましん at 2005年06月24日 20:45
♪Smile ぞうよはーといずえいきん スマイ〜

・・はぁぁ、エスティマのCMだったっけ。良いなぁ。。
優しい調べ、チャップリンだもんね。
それじゃまた。。明日に備えておやすみ〜〜。


え? あんたのキャラちゃうやろって?
そうお? ほな。
黒猫さんがロッド!意外やねェーーー。
「ホットレ、、」知りません知りません。
ワタシ、ほら、もうちょっと前の世代だから。ね。
ほんま、結構歌いやすいねんこの曲。(!!)
ロッドはまたパパになるそうな。元気や。ホットやぁ。







Posted by かーすけ at 2005年06月24日 21:46
>カルアルさん
パクリなんすか?しらなんだ・・。しかもブラジル音楽?

>やましんさん
ロッドとかエルトン・ジョンってパンクスの敵なんすよね。それ故私もファンだった過去を隠していたり・・。
エルトン・ジョンが昔ベストヒットUSAに出演した時「TVを観てたらピストルズが出ていて、“エルトン・ジョンなんてクソだ!”って言ってたんだよー。それ聞いて思ったね“オーマイ、ガッ!俺も終わってる”」って言ってました。
いやでもロニ−・ウッドのギターで歌っていたフェイセズの頃とかカッコイイんすよー。

>かーすけさん
>ぞうよはーといずえいきん
って何スか?(笑)「鳩の髄液」?(笑)
え?またパパに?まだまだホットレッグなワケですね・・。
あ、いや失礼。何言わすんですか!
Posted by 黒猫クロマティ at 2005年06月24日 23:09
ベストバラードだったか、バラードベストだったか持ってます〜。
真夜中、某国営放送の映像と音楽流しているやつで、
スコットランドの船乗り組合のオッサンたちが
この歌合唱してたんですよ〜(漢っ! 痺れる!)。
海ぃがおいらを呼んでいるぅ〜(意訳)♪
Posted by ジマイマ at 2005年06月24日 23:59
そんでロッド、裁判負けてます・・・。
でもそんな俗っぽいとこもロックってヤツなんじゃないでしょうか?

と、フォローにもならないことを言ってみる・・・。
Posted by カルアル at 2005年06月25日 08:07
あ、かーすけはんが見事に釣られてる!
で、見事に返してる!サスガ!
ロッドの『SMILE』ですかぁ。そういえば、今CM流れてますねー。ついついうちにあるナット・キング・コールの『SMILE』、今日聴いちゃいました。

ロッドと共に大声で“ホットレッグス!!!”
これ、かなりストレス発散できました。
いや、ホント彼の歌は歌いやすかった。

Posted by 宝月 at 2005年06月27日 01:00
>ジマイマさん
船乗りのおっさん達の合唱っすか。イイッスね〜。
あの歌はパブとかサッカー場とかそう言う
労働者の集まりに似合う音楽だと思います。

>カルアルさん
フォローっすか、それ?
因みに「セイリング」もカバーだそうですね。

>宝月っちゃん
>ロッドと共に大声で“ホットレッグス!!!
ダメッすよ!大声でなんて、嫁入り前の娘がはしたない・・
そう言えばドナ・サマーには「ホットスタッフ」
って曲ありますね。あれもせくすぃーですな。
Posted by 黒猫クロマティ at 2005年06月27日 12:05