2005年05月31日

ミステリー小説のヒーロー達 その1/シッド・ハレー

77910591.jpg金曜日のブログでふれた英国のミステリー作家ディック・フランシスですけど、元は競馬の騎手だった為その作品は全て競馬界を舞台に描かれています。なので、なんとなく敬遠してしまうと言う方も多い様子。

けど、競馬には全然興味なくても、ハードボイルド好きなら十分楽しめるのが彼の作品だと思います。中でも一番人気があるのが片手の探偵シッド・ハレーを主人公にした『大穴』(ディック・フランシス著 菊池光訳 ハヤカワ書房)。

障害レースのチャンピオン・ジョッキーだったシッド・ハレーはレース中に落馬負傷、片手が使えなくなり引退を余儀なくされます。その後競馬に関する事件を扱う探偵事務所の調査員として働くのですが、過去の栄光が忘れられず毎日が死んだような日々。ところが、ある事件に巻き込まれた事がきっかけでその人生が大きく変化して行くことに・・。

この作品の中で大好きなのが、シッドが引退した名馬に乗るシーン。人馬の気持ちが重なり合い、風の音や芝の匂いを感じてこちらの胸も高鳴ります。そんな想像力をかきたてる表現の巧さが魅力のひとつ。シッドが恐怖と痛みに耐えながらそれに打ち勝とうと闘う姿は手に汗握ります。

また、馬主、調教師、騎手、観客とそれぞれの立場を描く事によって、現在もイギリスに根強く残る階級制度が見えてくるのも面白い所。

因みにシッド・ハレーのシリーズはその後『利腕』『敵手』と3作が発表されています。興味がある方はこのシリーズをまず試してみると良いかもしれません。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/23674046
この記事へのコメント
>シッドが引退した名馬に乗るシーン
あそこは名シーンですね。今にも蹄の音が聞こえそうでした。

個人的には「重賞」のエナジャイズが好きです。
Posted by 則猫 at 2005年06月01日 00:01
>則猫さん
エナジャイズは「重賞」だったか。ディック・フランシス作品の難点は、どれも漢字二文字のタイトルなので、本屋で見て既に読んだのか読んでないのか分からないところッスね。
Posted by 黒猫クロマティ at 2005年06月01日 01:23
こんちわ。あのですねえ、自分は競馬とかやらないんですけど、先ほど読み終えた本の中に気になる記述がありまして。
黒猫さん既に読んでいるかもしれないのですが、グレアム・スウィフトの『ラストオーダー』という本です。スウィフトはクレストからも『ウォーターランド』という傑作が刊行されていますが、本作は96年のブッカー賞受賞作です。
んで、引用しますと

Posted by カルアル at 2005年06月02日 23:09
レイのルール
1、問題はどれだけを取ったかではない。どれだけで取った  かだ。
2、肝心なのは賭けることではない。いつ賭けないかを知る  ことだ。
3、相手は馬達ではない。賭けているほかの人間達だ。
4、老馬も老犬と同じ。新しい芸はしない。
5、つねに耳を見ること、そして自分の耳はぴくぴくさせて  おくこと。
6、オッズ三倍未満の馬には賭けないこと。
7、賭ける額は資金の3パーセントを超えないこと。ただし  一生に5回くらいはこのかぎりでない。
8、ラッキーでありさえすれば、以上のルールすべてを忘れ  てかまわない。

ということらしいです。如何ですかね?

Posted by カルアル at 2005年06月02日 23:10
文字制限を越えてしまいましたので、分割しました。
『ミステリー小説のヒーロー達』、全部読んだこと無いです。必ずチェックしてみますね!

それと映画のほうですが、ケン・ローチもアンゲロプロスもよかったですよ。
Posted by カルアル at 2005年06月02日 23:14
>カルアルさん
「レイのルール」!思いっきり頷きました。分かっちゃいるんですけど、ラッキーでもないのにルールをすべて忘れて後から後悔するんスよね〜。ハァ〜・・・

『ラストオーダー』は読んでいなかったので、早速図書館にリクエストしました。ウェイティングはゼロだったので明日にも届くでしょう。教えてくださって有り難うございます!私は今『灰色の魂』(フィリップ・クローデル著)を読んでいます。

ケン・ローチもアンゲロプロスも観ちゃったんですか〜。私はどちらもまだなんです。アンゲロプロスはユーロ・スペースに来るみたいなので、そちらで観ようと思っています。

Posted by 黒猫クロマティ at 2005年06月03日 11:27
黒猫さーん!
本日マイクル・コナリー『わが心臓の痛み』を借りてきましたよ♪
あーこのシリーズなんだーとか思いました。
扶桑社のこのシリーズって適当に借りて読んでますけど、結構馴染みがあります(笑)。
ジム・トンプスン(新しいの出たみたい)とかそうですよね、確か。

アンゲロプロス、ユーロに来るんですか!
やはりスクリーンで見ないとですね、彼の作品は。

それとケンローチも是非とも見ていただきたいです。
ケンローチのラストの余韻が堪らねぇだよぅ〜。
失礼しました。
Posted by カルアル at 2005年06月03日 22:38
勘違いしてました・・・。
『わが心臓の痛み』ではなく『ナイトホークス』がオススメだったんですね。
次回、借りることにします〜。
Posted by カルアル at 2005年06月03日 23:03

>カルアルさん
『わが心臓の痛み』が気に入ったら『ナイトホークス』も
読んでみてください。
ジム・トンプスンの新作って『アイアンサイド』の
ノベライズ(?)ですよね。ちょっと意外で興味あります。

ケン・ローチ行かねば!ウィンターボトムの
『9Songs』も気になる〜!

Posted by 黒猫クロマティ at 2005年06月04日 16:05