2005年04月19日

コーヒー派?シガレッツ派?

4b1bb795.jpg『コーヒー&シガレッツ』(監督・脚本:ジム・ジャームッシュ)見ました。
ジャームッシュらしく抜けてて、想像通り良かったです。気軽に見て楽しみたい映画でした。

基本的に、先にコーヒーを飲んで待っている所に待ち人が来て会話。そしてどちらかが先に帰ると言うスタイルなんですけど、なんとも言えない気まずい雰囲気と妙な「間」に惹きつけられます。そして、どちらかが去った後ってのがまたイイんだな〜。この映画に関してはあんまり語るのも野暮な気がするので止めておきます。

この日はサントラと灰皿を買うつもりが売り切れでガッカリ。「No Problem」でBGMに流れていたスカが凄くカッコ良かった。「Champagine」のマーラーも印象的。

ところでこの映画はシネセゾン渋谷で見ていたんですけど、途中で突然画面が途切れて客電がついちゃったんです。映写機のトラブルだとかで復旧には10分位かかったかな?結構長かったんでどうしていいか分からず、参りましたね。あの所在なさはある意味ジャームッシュ映画?「世界はひとつの共鳴体」か・・・。

因みに、帰りにお詫びとしてテアトル系映画館のタダ券が配られました。ちょっと嬉しかったス。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/19380330