2005年01月31日

酔っ払いの夜

f7c38a0a.jpg部屋でひとりワインなど飲んでいたら、突然無性にブルース・スプリングスティーンの「THE RIVER」が聞きたくなりました。酔っ払って感傷的になると良くある話しなんですけど。

「BORN IN THE U.S.A.」以降はあまり聞かなくなってしまいましたが、デビュー作の「アズベリー・パークからの挨拶」なんてとても好きだし、初期の作品は今も時々聞いたりします。

「THE RIVER」はラスト近くの
Now those memories come back to haunt me
They haunt me like a curse
Is a dream a lie if it don't come true
Or is it something worse.

ってところで、何時も胸がいっぱいになるんだなぁ(泪)

ブルースのステージは88年アムネスティーのチャリティーライブで一度見たきりですが、ハンパじゃなく盛り上がったス。85年の単独ライブに行かなかった事は今も後悔してます。


ザ・リバー byブルース・スプリングスティーン

俺の故郷は谷の町だった
そこでは若者は親父の跡をつぐように育てられるんだ
俺とメアリーが出会ったのは高校時代で
彼女はまだ17歳だった
二人で谷を抜け出して
緑の野原へドライブに行ったものだった

川へ行き
川の中へ飛び込んで泳いだんだ
ああ 川へ行ったものだった

それからメアリーを妊娠させた
彼女が書いてよこしたのはそれだけだった
俺は19歳の誕生日に
労働組合の会員証と結婚式の上着を手に入れた
二人だけで役所へ行って手続きをすませた
結婚式の笑顔も 教会での式もなく
花もウェディングドレスもなかった

その夜二人で川へ行った
川の中へ飛び込んで泳いだんだ
ああ 川へ行ったものだった

ジョンズタウン建設会社に職を得たけど
近頃は不況であまり仕事がない
大切だと思われたすべてのものが
みんな空しく消えてしまうようだ
俺は何も覚えていないというフリをし
メアリーはちっとも気にしないというフリをしている

でも兄貴の車を借りて二人でドライブした時のことは覚えている
貯水池でのメアリーの日焼けしてぬれた肌はステキだった
夜 堤防で 俺は目を覚まして
彼女の息を感じる為に彼女を近くに抱き寄せた

今 こんな思い出がよみがえり 俺を苦しめる
呪いのように俺をとらえて苦しめるんだ
かなわなかった夢は偽りなのか?
それとももっと悪いものなのか?
俺を川へ行かせるほどに
川は干上がっていると知っていながら
俺を川に行かせるほどに悪いものなのか?

川へ
あいつと俺は
川へ俺たちは行くのだ・・・



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/13366598
この記事へのコメント
ボスぅ〜〜。
「ザ・リバー」近所のバザーで買ったアナログを持ってたんですが、プレイヤーがぶっ壊れたので2度聞いて100円で売ってしまいました(涙

いま友達に「ネブラスカ」を貸してるんですが、ボスの書く歌詞って本当に凄いなと思います。
音楽なくても、読んでるだけで泣けてくるというか・・・。

そういえば、「BORN IN THE U.S.A.」の中で「アイム・オンファイア」って曲ありますよね。自分、あの曲が結構好きでして。
 それで以前深夜にテレビでやっていた映画を見ていたら、この曲が劇中で何度も多用されていたので驚きました。
それもくどいくらいに・・・。

その映画はブルース・ウィリス主演の心に傷を負ったベトナム帰還兵の物語でした。ウィリスの心の再生とティーンエージャーである姪っこの心身の成長が同時に語られていく内容だったと思います。

眠さん、この映画ご存知ですか?

突然の乱入、失礼しました。
Posted by カルアル at 2005年02月01日 03:06

カルアルさん
コメントありがとうございます!

「ネブラスカ」も暗くていいですよねー。
スプリングスティーンの歌詞は難しい言葉を使ってないのに、詩的で胸を打ちます。
昨日は家に帰ってからもう一度スプリングスティーンを聞いて、流れでディランを聞いたりしました。

ブルース・ウィルスの映画は知りませんでした。
なんて映画ですか?

そう言えば以前カルアルさんに推薦頂いたメイヨ・トンプソンの「HZAEL」買いましたよ。イイッスねー!
心落ち着けたい時に聞いてます。ありがとうございました!
Posted by 黒猫クロマティ(眠) at 2005年02月01日 11:54
>心落ち着けたい時に聞いてます

嬉しいお言葉ありがとうございます。実はお気に召したかどうか、内心ヒヤヒヤしてました。
あれだけの情報から「大人買い」していただき、「心落ち着けたいときに」という余裕の発言まで添えてくださって感激しております。

さて映画のタイトルなんですが、残念ながら覚えていません。ボスのあの曲がしつこく流れていたということだけが鮮明に・・・・。だってこの歌の歌詞と映像あってないだろ!って感じでしたから。多分監督もこの歌が好きだったんでしょう。
その意味では、共感しましたね(笑)。

ここまで書いておいてなんですが、当方あんまりボスには思い入れがなく、ブルースというとブルース・コバーン命であります。僕のもっとも敬愛するミュージシャンでして、ここ数年はコバーンの認知度を高めるために、友人達を洗脳することに力をいれています。
近年のお勧めは96年作の「チャリティ・オブ・ナイト」です。国内版が現在手に入るかは判らないのですが、音楽の凄まじい完成度!は勿論、その歌詞たるや、まるでスティーブ・エリクソンの小説のようです。
解説を書いている中川五郎さんはコバーン信者としても有名なのですが、本作品に関して「とんでもない傑作と断言できる」と申されております。

眠さんには興味があれば、ぜひ聞いてほしいです。
まあ、余計なおせっかいですが、コバーンについては熱く語ってしまうのでした。

失礼しました。
Posted by カルアル at 2005年02月01日 12:46

ブルース・コバーン、聴いた事ないです。ゴメンナサイ!

オススメの「チャリティ・オブ・ナイト」はamazonでは品切れみたいですね。調べたらロビー・ロバートソンやダニエル・ラノアと比較されていたので、好きかもって気がします。
今度CD店でチェックしまてみます。

しかし、お話聞く限りだと歌詞が知りたいから国内盤が欲しいっすねー!
Posted by 黒猫クロマティ(眠) at 2005年02月01日 13:13
昨年あたりに、渋谷のディスク・ユニオンに新品の在庫があったような・・・。
まあ、たまに中古なんてのも出るんですが「誰が売ったんじゃー!」と、そのときは怒り狂っております。

眠さんには耳の痛い発言かもしれませんが、80年代のコバーン作品について「詩的にも音楽的にもスティングがやろうとして失敗していることを見事にやり遂げている」という外国メディア?の評があったようです。(←すみませんです)

興味沸きませんか?(←嫌な奴)

度々、失礼しました。
Posted by カルアル at 2005年02月01日 14:32
いえいえ、怒ったりしませんてば(笑)
私も「スティングは何処へ行くつもりだ?」
と思ってるクチですから。

確かに興味沸いてきました。
ユニオンですか。最近行ってないなぁ。
今度是非探してみます!

Posted by 黒猫クロマティ(眠) at 2005年02月01日 15:14