2005年01月17日

「夜明け前」の湯河原

bedbd505.jpg週末湯河原温泉でしっぽり和んできました。

泊まったのは島崎藤村が好んで宿泊したってのが売りの木造旅館。古いけど手入れが行き届いてて良い所でしたよ。

ただ、午前3時頃バタバタと何者かが屋根を走る音と、悲鳴のような鳴き声にたたき起こされたのにゃぁ参ったー。
サルのしわざです。

仲居さんの話ではサルが出没しだしたのは近年の話しだそうで、日光のサルみたく凶暴ではないらしいのですが、主に冬や天気が悪い日にやって来て、窓から入って食べ物を盗んだりするそうな。

山から下りて来ざるを得ない状況に追い込まれている彼らには同情します。
雨宿りなりなんなりすれば良い。
けど、いちいちギャーギャー鳴いて騒がなきゃならんのかね?
「夜明け前」なんだから静かにしてもらいたいんだけどなぁ。
などと言う分別をサルに求めるのは無理な話か・・




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogimami/12482714