2009年01月23日

忘れ去られたブログを思い出したように更新してみる

『アンダーカヴァー』監督: ジェームズ・グレイ
出演: ホアキン・フェニックス/マーク・ウォールバーグ/エヴァ・メンデス/ロバート・デュヴァル

88年のニューヨークを舞台に、警察幹部の父、エリート警官の兄、裏社会に生きる弟という家族を巻き込んだ、警察とロシアンマフィアの闘いを描いた物語。

久しぶりに手放しで「素晴らしい!」と思った映画でした。
色々なところに書かれているけど、観ていて『ゴッドファーザー』を思い出させる感じ。ロバート・デュヴァルだし。

親子や兄弟、裏切り、などの要素を多く含んでいるにも関わらず嫌らしいセンチメンタリズムに陥らない、もっと覚悟のある映画で、お話の部分で見せると同時にこの手の映画にはもっとも重要なカーチェイスや銃撃シーンは古き良き70年代の犯罪映画的重量感があって且つ古臭くない。

舞台となった88年と言えばちょうど私が初めてニューヨークに行った年です。日本から見たニューヨークは、磯崎新設計の「パラディウム」や教会を改装した「ライムライト」などゴージャスなディスコの時代。ブレット・イーストン エリス(小説の舞台はLAだけど)やJ.マキナニーなど「あらかじめ失われた世代」の時代、コカインの時代。あの頃なのかと思うと、なんだか感慨深い。

東京地区での公開は残念ながら本日まで(歌舞伎町ミラノ)。「ゴッドファーザー」的男の映画が好きでたまらない人は必見。  
Posted by mogimami at 14:02Comments(0)TrackBack(0)Movie

2008年04月16日

ガス・ヴァン・サント映画の曇り空

e2daf595.jpg『パラノイドパーク』(監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント、撮影監督:クリストファー・ドイル)

ポートランドに住むスケートボード少年たちの日常と事件を描いた作品。

「Xゲーム」を見るのが好きなんですけど、何に惹かれるかというと「Air」なんスよね。浮力、その瞬間。時間が揺らいで音が消える、あるいは、小さな音が逆に強調される感じ(実際に競技している人がどう感じているかはわからないケド)。

『パラノイドパーク』を見ていてその感じと共通するものがあるような、前作『ラストデイズ』同様音にこだわっていて、ゴダールの『アワーミュージック』等も思い出したりしつつ、ガス・ヴァン・サントの作品ってそんな風に音と映像で語る部分がとてもイイんだなぁと思うワケです。

少年達がただただスケートボードをするところや(この映像なんかはクリストファー・ドイル テイスト強し)、少年がただ歩いているところ、ただぼんやりしているところなんかを、ずーっと見続けていたいと思えるんスよ。

んで、少年が時々一人で手紙を書きに行く海辺の草むらの冴え具合などドキっとします。

『ラストデイズ』の冒頭30分を観た時の「スゲーッ!もしかしてコレって大傑作?」と感じたような興奮は無かったけど、少年の顔とスケートボードの音がいつまでも頭にこびりついて離れない作品。映画館から出てしばらくは完全にガス目線で、日常が自分をどんどん通り過ぎて行く感じ。渋谷109前の交差点では車に飛び込こんでしまおうか?という強い衝動にかられました。あぶねーっつーの!

『ラストデイズ』を観た後しばらく「しまった!森を持って帰って来てしまった」と思ったもんだが、今回もそんな風で、ヴェンダース、ジャームッシュには「何言ってんだ? オッサンが。」とガッカリさせられたけど、ガスはまだまだストリートにいるようです。

今回使われていた音楽の中ではイーサン・ローズが素敵でした。CD買うです。  
Posted by mogimami at 01:31Comments(0)TrackBack(0)Movie

2008年03月30日

青山でライブ

fe367c17.jpg先日青山のブルーノート東京で小曽根真率いるビッグバンドのライブ「No Name Horses" directed by Makoto Ozone」を観に行きました。

小曽根さんの好きな所はその自由さなんスよ。どこまでも伸びやかでポジティブな演奏。ただ、そこが面白味に欠けると感じる人もいるかもしれませんね。私自身若い頃は、小曽根真はテクニック重視で自分の守備範囲ではないと感じていたワケで。でも、違うんだよな〜、と最近気付いたんス。

ところで、ブルーノートといえば「高い!」という印象ですが、この日のミュージックチャージは8400円。近頃は大した持ち歌も無く、まともな演奏だってできない若手ミュージシャンのライブでも6000円以上したりするワケで、それに比べたら全然高くないです。

2ndステージだったのでスタートは9時40分位。仕事帰りで十分間に合う大人の時間に、一流の演奏を間近に楽しみながらワインを飲んだりできるなんてとても贅沢だ。大人でよかった。

************

ところで、最近別のブログを始めました。
このブログやmixiは素人なりに、人に読んでもらう事を強く意識して書いているんですが、新しい方は近頃の私にとって重大関心事である着物についてのブログです。んで、非常にパーソナル且つ狭い内容なので読んで面白いとは思えないのですが、一応ご報告。
  
Posted by mogimami at 16:22Comments(2)TrackBack(0)Music

2008年03月12日

取り残されている・・

acfb4688.JPG本を買うのはもっぱらamazonの昨今、捜し物があって久しぶりに渋谷HMVにあったハズのABCへ行ったら、、、無い!!洋服屋になっとる。
それでは、と、ブックファーストへ。すると、こちらも無い! ビルごと改装中(駅前の旭屋書店跡に移動していました。あ、知ってました?失礼)

調べてみたら、どちらも昨年秋に閉店していたのですね・・・。

その後パルコブックセンターへ。こちらは健在でした。

んで、予定外の買い物。
『coyote』は柴田元幸さん特集。

ブラッドベリの最新短編集『猫のパジャマ』
カバーに耳がついてます!「カバーの耳を立てて読んでください」というラブリーさに思わず購入。

+++++++++++++++++

話は変わりますが、今週から週1回×4ヶ月の着付け教室に通い始めました。
月曜日の午前中という時間帯を選んだので生徒5人のクラスという贅沢な環境。他の生徒さんが見るからに上品な若奥様風なのは、やはりこの時間帯ならではでしょうねぇ。
お稽古ごとというのは久しぶりですが、日常とかけ離れていて楽しいっス。仕事とか日常のわずらわしさを一瞬忘れますね。


  
Posted by mogimami at 11:31Comments(0)TrackBack(0)Book

2008年02月15日

THE POLICEの日

aefa1b58.JPG13日はTHE POLICEの再結成ライブを観に東京ドームへ。
いや〜、、、夢のような時間でありました。

翌日、ライブの余韻に浸るべく、オリジナルアルバムを年代順にターンテーブルにのせてみる。「ZENYATTA MONDATTA」は状態が酷すぎて、「DON'T STAND SO CLOSE TO ME」なんか針が飛びまくって、何がなにやら・・。

それにしても、何だかたまらない気持ちになりますね。

ポリスに夢中だったのは10代の頃。同じ時代を生きて、んで、「SYNCHRONICITY」で絶頂期を迎えた彼らが活動を停止した84年は私にとって10代最後の年だったワケで。

その後スティングはオマー・ハキム、ダリル・ジョーンズ、ケニー・カークランド、ブランフォード・マルサリス等一流ジャズ・ミュージシャン達とアルバムを作ります。このメンバーでの初ライブとそのリハーサル風景を追った『スティング ブルー・タートルの夢(85年)』は非常に感慨深い映画でして、この映画のラスト、一人きりでステージに立ちギター1本で「MESSAGE IN A BOTTLE」を唄うスティングを観て、私もポリスとの決別を意識したんスよね。

当時スティングは33歳、今にして思えば新しいスタートを切るのには十分の若さでした。

昨夜は演奏のスピードが落とされ、レコードを聴き直してみると如何に巧くアレンジし直されていたかが分かり、スティングはキーを下げて唄っていても高音が少し厳しかったりする。

それでも改めてスティングの声、スチュアートのドラム、アンディのギターという組み合わせが持つ「音」の特別さを思い知らされたス。
まさに、CAN'T STAND LOSING YOU。
そして、SO LONELY・・


因みに、この日は公演を前にアンディ・サマーズのサイン会@六本木TSUTAYAへ。『アンディ・サマーズ自伝 ポリス全調書』(英国BEST MUSIC BOOK OF THE YEAR受賞 らしい)を購入して整理券をゲットしたもの。

アンディは昔から老けヅラだったが(つーか、他のメンバーよか実際歳をとっていたんだよね)、ちょっと太って、いかにもなイギリス親爺でありました。「今夜東京ドームに行きます」と言ったら「グレイト!」と。握手してもらったけど、舞い上がっていたので手の感触が思い出せない〜。

ライブでは65歳のアンディが誰よりもギター小僧化して、ロックしまくってました。

ポリスは終わっていなかった。私もまだまだ終わらないぞ!


  
Posted by mogimami at 10:40Comments(2)TrackBack(0)Music